ミッション


”バックオフィス革命”

業務自動化を通じてお客様の生産性の向上、新たな価値の創出に貢献することが我々のミッションです。企業内に潜む非効率な業務を顕在化し改善し、コア業務、創造業務への資源集中を促進することで、貴社の成長を支えます。

弊社が考えるRPA


弊社は「RPA導入の意義」を単なる業務効率化と考えておりません。それは仕事の在り方を再定義することとであり、これまでのシステム化やBPR(業務改善)による効率化とは全く別次元の取り組みといえます。「手順化」できるあらゆる業務はロボットが代替し、人間は人間しかできない価値創出に注力する。その実現を「目指す」ことがRPA導入の真の意義だと考えます。将来AIが進化し、あらゆる仕事がシステム上で自動的に完結する時代を迎えるなら、RPAはその入り口に立っていると言えるのではないでしょうか。

サービス


バックオフィス自動化サービス

経理、人事、営業事務、経営企画などのバックオフィス部門の業務を自動化します。業務時間の削減、決算早期化、繁忙期のピークカットなど大きな効果をもたらします。

資料ダウンロード

RPA導入コンサルティング

PoC、業務調査、RPAツール選定、ベンダ選定、導入計画、研修、開発者育成、PMO支援、運用サポートなどRPA導入における全面的な支援を行います。期間、費用は御見積。

RPAツール


弊社が主に利用しているツールです

WinAutomation

自動化に必要な機能が一通り揃っており画像認識の精度も高い。設定UIはプログラミング寄りな分、エンジニアやVBA利用者にはわかりやすい。価格が安く予算を抑えたい企業には最適なRPAツールである。

UiPath

画面OCRの技術が優れているため、画像認識の弱点を克服できるケースがある。設定UIはフローチャート型(2次元)であり、全体感が俯瞰しやすい。ライセンス価格は約年間100万から。プログラミングスキルがあれば細かいところまで設定可能なRPAツールである。

Win Actor

国産RPAツールでは最もポピュラー。設定UIは縦に連続するスタイルのフローチャート型(1次元)。ライセンス価格は約年間100万から。設定画面が日本語でできているため日本企業にとっては安心感のあるRPAツールである。

TEAM


村山 毅 / CEO

慶應義塾大学経済学部を卒業後、会計系コンサルティングファームにて経理・人事を中心にシステム構築、BPO、業務改革等のコンサルティングに従事。2011年にオートメーションラボ株式会社を設立し、教育事業者向け教室運営システムを開発、運営。2017年に同事業を売却。2016年よりRPAを使った業務コンサルティング事業を開始。

平山 和之 / CFO

早稲田大学理工学部応用化学科を卒業後、あらた監査法人に入所。監査業務に従事し、大手金融機関、不動産運用会社等のクライアントにおいて様々な業務を経験。2013年4月に創業。2016年4月に株式会社Plus Oneを設立し、代表取締役に就任。上場REIT、私募ファンドを中心に経理・財務におけるアドバイザリーサービスを展開。2017年より当社に参画し、経理・財務コンサルティングに従事。

会社概要

会社名
オートメーションラボ株式会社

代表者
村山 毅

所在地
東京都港区虎ノ門3-8-25 日総第23ビル7F

設立
2011年6月6日

資本金
300万円

事業内容
・自動化コンサルティング事業
・BPO事業

よくある質問


はい。RPAツールの選定サービスも承っております。

はい。弊社がPMO支援のみを担当したり、開発のみを担当したりすることができます。

はい。RPAの設定レビューやハンズオンで一緒にロボットを構築するサービスも提供しております。

BPRプロジェクトを多数経験しておりますので、どんな業務でも対応可能です。特に経理、人事、営業事務などのバックオフィス業務が得意です。

はい。自社開発システム、クラウド、クライアントサーバーなど、原則どんなシステムでも自動化が可能です。

はい。RPA適合度診断などにより適用する業務の選定をサポートいたします。

はい。RPAツールはどんなものでも対応可能ですが、WinAutomation、UiPath、Win Actorの場合、構築が早く実現できます。

はい。貴社の足りないリソースを補うことが可能です。実際に別の会社を支援させていただいているケースもございます。

お問い合わせ

サービス、取材、採用に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。